HOME > スポンサー広告 > title - タイムマネジメントを身につけろ。HOME > CA養成講座 > title - タイムマネジメントを身につけろ。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
客室乗務員に必要な資質の一つに、タイムマネジメントというものがある。
資質と言っても自分の心がけ次第で身につけることができるから安心してほしい。
では、なんでタイムマネジメントが重要なのかとそれを身につける方法を紹介しよう。

まず、タイムマネジメントってなんのことか知ってるかな?
日本語で言うと、時間管理能力ってとこかな?

時間管理能力っていうのは決められた時間の中で自分のやるべき仕事をやり遂げる能力だ。絶対的に時間が足りない時は優先順位の低い仕事をやらないという手もある。

つまり、パイロットの世界で有名なタスクマネジメントという能力と本質的に近い能力だと言える。まあ飛行機という同じ環境の中で仕事をするんだから、求められる能力に似ているものがあるのは当然のことでもある。飛行機というのは天気に左右される流動的な環境だ。

自分がCAになったつもりで想像してみてほしい。
何度か出したことのある例だと思うけど、羽田ー伊丹路線を考えてみよう。

Block OutからBlock Inまで1時間のフライト。離着陸の間はCA Seatに座っていないといけないことを考えると、自分が飛行中に動ける時間は20分足らずだ。この辺はCAの仕事を参照してほしい。

羽田ー那覇の路線だと1時間でやればよかった仕事を、伊丹路線では20分でやらないといけない。というか、20分でフルサービスを行うことは、できない。

だからここで仕事の優先順位付けが必要になる。
最も大切な安全業務を先に行って、余った時間でドリンクサービスを行う。またドリンクカートを出してる時間がないから、キャビンを歩いて汗をかいている人や、子供に優先的に飲み物は必要かと声をかける。など、様々な工夫のしようがある。

そして何より大切なのは、『時間が足りないということを、自分が認識できること』だ。
時間管理能力がない人は、羽田ー伊丹路線のような短いフライトでもいつも通りのペースでいつもと同じ量の仕事を始めてしまう。

これじゃ時間通りに仕事を終えられない。もし飛行機が着陸準備を始めているにもかかわらずにCAがカートを出していたりしていたら、飛行機が着陸のための降下を始めることができない。

すると、最悪の場合飛行機の到着が遅れてしまう。
飛行機の到着が遅れるとどうなるか?
羽田ー伊丹路線のようなビジネス路線で定時性が守れないと、時間に厳しいビジネス客はもう乗ってくれなくなる。

ビジネス客を失うということは航空会社にとってどれだけダメージの大きいことかは想像に難くないだろう。

だから定時性を守ることは航空会社にとっては必須のことだ。
そして、その定時性を守るにはCAのタイムマネジメントが大切なファクターになる。

タイムマネジメントの大切さがわかってくれただろうか?

ではタイムマネジメントの能力はどうやって身につければいいのか?

それには簡単な方法がある。『常に時計を見る』ことを習慣つければいい。
実際にCAの教育の中でもこれはよく言われることでもある。

時間を見るくせをつければ、次に自分に必要な時間が足りてるのか、または足りてないのか気になるようになってくる。(なってこない人は意識して気にしてほしい)

これができるようになれば充分だ。CAの仕事に限らず、日常生活でも役立つことだろう。ぜひとも、実践してほしい。


関連記事

2012.07.17 Tue l CA養成講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kaeruforca.blog.fc2.com/tb.php/29-b195be5b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。