HOME > スポンサー広告 > title - 激動のエアライン業界 価格破壊HOME > 業界研究 > title - 激動のエアライン業界 価格破壊
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回はLCCについて説明したけど、今日はそんな激動の航空業界がどうなっていくのかを私なりに考察してみようと思う。

そしてみなさんも気になるだろう、『CAを目指す人としてどんな影響があるのか?』を考えていきたい。

まずは自分で想像してみてほしい。東京(成田)ー大阪(関空)を4000円で移動できる。4000円といったら夜行バスでさえ最安値クラスの料金だ。まあ成田空港や関空っていう使いにくい空港ではあるんだけど、それでも千葉や和歌山に住んでいる人にとっては願ったり叶ったりだ。

一方、大手航空会社に乗ると15000円かかってしまう。

さて、この日本で何が起こるだろうか?

まず最もポジティブな変化として、今まで夜行バスに乗っていた人達が、飛行機に乗って移動するようになる。

これは素晴らしい変化だと思う。今まで私が航空業界で働いてきた実感として、『空は敷居が高い』。要するに、気軽に飛行機で移動しようっていう気にならないんだ。

その理由として、チケットが高額だったり、飛行機に乗るプロセス(チェックインとか、手荷物検査とか)が複雑だったり、飛行機が落ちたらどうしよう?なんて不安もあった。

日本の航空業界は、後者の2つについては積極的に取り組んできた。
預かり手荷物の検査の自動化をしている空港もあるし、インターネットで予約してメールに送られてくる電子チケットを使えば誰とも航空会社の社員と接しずに、本当に電車に乗るような感覚で飛行機に乗ることができるようになった。(悲しいかな、そんな事実をほとんどの人が知らないんだけど)

また空の安全性については国と一緒に繰り返し訴えてきて、今や飛行機が安全な乗り物であることはみんな知っていると思う。もちろん、空を飛ぶのが生理的に怖いって人もいるんだろうけど。

しかし、『空の敷居が高い』最大の原因である、航空運賃についてはほとんど何もしてこなかった。いや、国の政策としては進歩してきているんだけど(昔は航空会社が自分の路線の運賃すら決められなかった)、日本の空は大手2社が独占してきたために、航空会社が身を削ってまで運賃を下げる必要性がなかった。そんな会社はどうなっていくか?世の常だよな、腐敗していくんだ。
幕末と一緒だよ、日本の男がチョンマゲをつけていた時期に、世界では産業革命が起きていたんだから。(幸運なことに今の日本の航空業界は当時の日本程絶望的な状況ではないけど)

そしてまた、外国からの圧力によって航空運賃の破壊という、空の革命が行われるわけだ。スカイマークっていう革新的な会社がその前に現れているんだけど、今回の外資系LCCのインパクトはすごいよな。

そうやって『空の敷居』が下がり、今まで夜行バスに乗っていた人が飛行機に乗って快適に空の旅を楽しむことができるようになるんだ。
しかも、4000円で行けるんだったら…と、旅行に行く人も増えるだろう。ディズニーランドって一日いくらだっけ?たぶん食事とかもして一日1万円くらいなのかな?

それとほとんど同じくらいの値段で日本各地に旅行に行けちゃうんだから、日本のすべての人の生活レベルを変えてしまうかもしれない。
『空の敷居』を下げるっていうのは、それくらいインパクトのあることなんだ。

もちろん、すぐにそうなるとは私は思わない。
iPhoneが日本にやってきた時のように、ゆっくりと確実にその波は広がっていくことだろう。


関連記事

2012.06.22 Fri l 業界研究 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kaeruforca.blog.fc2.com/tb.php/23-2fd55dd2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。