HOME > スポンサー広告 > title - TOEIC対策HOME > CA養成講座 > title - TOEIC対策
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
前回の続きだけど、今日はTOEICに特化した話をしよう。これも残念ながら斬新なことは教えてあげられない。でも、英語が苦手だからとCAを諦めてしまってはもったいない。
TOEICというものは大衆向けに作られたテストだ。大衆に向けて毎回同じ基準で採点をしないといけないから、傾向というものが存在する。そして傾向があるなら対策ができる。つまり、別に英語ができなくてもTOEICに出る形式の問題にだけ圧倒的に慣れてしまえば高得点が取れるわけだ。もちろん試験対策としてはそれでいいけど、客室乗務員としてははそれじゃ困るんだが。

ではどうやってTOEICの勉強をすればいいのか。

時間がある人は英語をじっくり勉強すればいい。中学、高校でやってきたみたいに文法から長文、リスニングとしっかり勉強する。それが一番意義のあることだろう。
でもここではもっと短期的に勉強する人に向ける。でも勉強法なんて大層なこと言ったが、これも当たり前のことだ。

TOEICには模試みたいな本がいっぱいでてるのはご存知のことだろう。過去問みたいなやつだ。
あれを一度時間通り解いてみればいい。

それで一回解けばどんな感じか分かる。当たり前だけど、どんな問題が出てるのか?時間は自分のペースで解いて間に合うのか?パート4の問題が全然分からなかった!などなど。

つまり『自分にどこが足りないのか』一目瞭然になる。もちろん全体的にできてないってこともあるだろうけど、それでもそれは重要な第一歩だ。

そして幸運なことに今はTOEICに向けた参考書は山ほどある。しかもパート別に。

だから一度問題を解いてみて自分がどこのパートが苦手なのか分かったら、そのパートの参考書を買ってきて、重点的にやればいいわけだ。
参考書はいっぱい売られてるから、できるようになるまでやり続ける。

対策なんて大層なことを言っておいて、できるまでやり続けろなんて詐欺みたいで申し訳ないけど、それでもやるしかない。別にTOEICでも英検でも、どんなテストでも同じ。
でも私が思うに、英語はやれば誰でもできる。やるかやらないかの問題だ、それで夢を諦めてしまうのはあまりにも馬鹿げてる。

もう一つ、単語はしっかり覚えてほしい。それだけで英語は一気に簡単になる。
単語帳を用いるなどして、今まで目にしたすべて覚えてやるってつもりで勉強してほしい。

関連記事

2012.06.03 Sun l CA養成講座 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kaeruforca.blog.fc2.com/tb.php/16-f87b5a9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。