HOME > スポンサー広告 > title - 英語勉強法HOME > CA養成講座 > title - 英語勉強法
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
まず最初に言っておこう。英語の勉強に近道はない。
でも君の限られた大切な時間を効率よく使うことはできる。それを説明しよう。
まず、この仕事に英語が不可欠な理由は以前に述べた。まだ読んでない人はこっち客室乗務員に英語は必要なのか?
>を先に読んでほしい。モチベーションの維持は本当に大切だ。

英語の勉強に近道はないと言ったけれど、これは英語を習得するのに画期的な(裏技的
な)方法なんてないってことだ。
よく英語教材で『こんなに簡単に英語が…』とか見かけるが、君の周りで(君の直接の友
人で)そんな簡単に英語がペラペラになった人がいるかな?
できるわけがない。まずは幻想は捨ててほしい。日本語を話せないアメリカ人に簡単に日
本語を習得させられないのと同じだ。それに英語の勉強は、量がものを言う。その人の学
習能力はあんまり関係ない。

前置きはこの辺にして本題に入ろう。

あくまでも私の持論だけど、帰国子女でも天才でもない君や私にとって必要な英語の能力
は3つある。

1.英語を聴く能力(リスニング)
2.英語を話す能力(スピーキング)
3.TOEICなど、英語ができると客観的に証明する試験を解く能力(テスト)

この3つは、全く別物だ。TOEICで高得点持っていても全然英語をしゃべれない人は山ほ
どいる。また英語は聞けるけど話せないって人も実はいっぱいいる。

『じゃあどうすればいいんですか?』って思うかな?当然、上の3つを全て勉強するしか
ない。留学でもすれば1のリスニングと2のスピーキングは同時に勉強できる。留学は楽
しいし、経験としてもいい経験になる。だからお金と時間に余裕のある人には、私は留学
をお勧めする。留学してもそこの日本人とつるんでしまっては本末転倒だけど。

留学は無理ですって人にむけて、あくまで私が実践した、英語学習法をこれから紹介しよ
う。もちろん、今でも英語は全く同じ方法で勉強しているし、私の知っている英語がぺら
ぺらのキャプテンも未だに英語は勉強してるとおっしゃっていた。
それくらい、英語ってのは日本人にとっては高い壁なんだと思う。

上の3つを、私はそれぞれ独立して勉強している。我ながら、全くスマートじゃない思う
のだが。

1.まずリスニング。

ひたすら英語を聞く。それだけ。

でも工夫はできる。車の中や電車、移動中は常に英語をかけておく。そして『シャドーイ
ング』を行う。シャドーイングって分かるかな?流れた英語を、少し送れてオウムのよう

に真似して口に出す練習方法だ。これは非常に難しく、最初は全然できないと思う。でも
とびとびでもいいからとにかく続ける。これで発音もうまくなるし、なんとなく分かった
気になってしまうことを防げる。

かける英語はなんでもいいけど、同じCDをかける。同じCDだから2周目、3週目と少し
ずつできるようになる。洋楽は慣れてからにしてほしい。私はアルク(英語教材の会社)
出版の教材が好きなのでよく利用しているけど、まあどこのを使ってもそんなに大差はな
いと思う。もし君も挑戦してみるならアルクでは「ヒアリングマラソン」をおすすめす
る。




他にももっと楽にできる勉強法がある。海外ドラマを見ることだ。簡単だね。私はこれの
ための時間を毎日40分とってる。最初は英語字幕で。知らない単語でてきたら全部調べ
る(心配しなくても意外と少ない)。次は字幕なしで見る。これでいつも約40分だ。最
初はこれに日本語字幕で見るってのを入れた方がいいだろう。





2.次にスピーキング。

これも申し訳ないが、『話すしかない。』当たり前だ。話さずして英語が話せるようにな
るなんて方法があるわけない。

英会話に行くのもいいが、みんなやってる週1の駅前留学じゃ全然足りない。週2でも足
りない。
当たり前だ。週2で1時間英会話学校行って英語ぺらぺらになれると本気で思ってるの
か?って言ってやりたい。

『じゃあ留学しかないじゃないですか』って思うだろうが、そうでもない、工夫してほし
い。

一つはさっき述べたようにシャドーイングを日常的に行うこと。これで英語を(それが頭
に浮かべば)すらすら口にだせるようになるだろう。

もう一つは、毎日最低一時間は英語で思考する時間をとること。私もこれをパイロットに
なるための訓練中に同期達と協力して行ったけれど、『イングリッシュ・アワー』と呼ん
でいました。もちろんその時間内の会話はすべて英語で行います。まあ要するに、毎日お
金をかけずに英会話教室を模擬するわけだ。
その間に出てこなかった言い回しや単語はメモっておいて、後でしっかり調べておく。
本当に大変だと思うけど、本気で英語を習得したいならこれくらいやらなきゃダメだろ
う。
3.最後のTOEICは少し意向が違うので別の記事で話そう。
今日はここまで、覚えといてほしい、英語学習は甘くない。

関連記事

2012.06.02 Sat l CA養成講座 l コメント (0) トラックバック (1) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kaeruforca.blog.fc2.com/tb.php/15-e8b0e2fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
まず最初に言っておこう。英語の勉強に近道はない。でも君の限られた大切な時間を効率よく使うことはできる。それを説明しよう。
2012.06.03 Sun l まとめwoネタ速neo
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。